日帰りスキーは朝発と夜発のどっちがいい

###Site Name###

スキーを楽しみたいと思っても「時間もかかるし、お金もかかるし…」と思ってしまう方への救世主となるのが、日帰りスキーです。そんなに沢山滑れないのではないか、と思うのは早計であって、場所やプランをきちんと検討すれば満足できるほどにスキー・スノボで遊ぶこと可能です。

日帰りスキーの場合は、朝発バスと夜発バスの二つの選択肢があります。


朝発バスの場合で例えば東京都内発となると、午前七時から八時頃にかけて出発し、十時から十一時頃にスキー場に到着するプランが多いです。

軽食などを自由にとって遊び、十七時前後になったら再びバスに乗って戻ってくるということになり、ゲレンデ滞在時間が六時間前後ほど確保できるようになっています。

やや朝が早いですが、渋滞等がなければ深夜になる前に帰ってくることができるので、一日のお休みさえあれば十分に実行できる日帰りスキープランです。夜発バスの場合は、本来の「日帰り」とは少々意味が異なりますが、遊ぶ前日の夜半から深夜にかけて出発をして翌早朝にゲレンデに到着。



その後は自由に遊んだり食事を取ったりして、その日の夕方に帰宅を開始して夜に帰着するというプランになります。

いわゆる「0泊2日」と表現されるような旅程ではありますが、朝発型と比較して朝からパウダースノーのゲレンデを楽しめる、夕方までゆっくりと過ごすことができる、という利点が得られます。

このような違いをおさえた上で、個人のスケジュールや体力などに応じて日帰りスキーを検討すると良いでしょう。

日帰りスキーの人気を今すぐチェックしよう。

なお、予算の面ではやや夜発型の方が高額になるケースが多いのですが、どちらも宿泊費がかからないためとても格安です。

また、スキーを終えて帰ってきた夜は自宅でゆっくりと休めますので、忙しい日々の中でも気軽にスキーを楽しむことができます。

教えて!goo情報がさらにわかりやすくなりました。

PAGE TOP